中島翔哉が日本代表10番はく奪の理由(原因)は黒スパイク?エースナンバー後継者は誰かを選手予想

こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

サッカー日本代表の中島翔哉が、エースナンバーの10番をはく奪されるのではないかと話題になっています。

東スポWEBによると、以下のように報じています。

中島翔哉 黒スパイクで日本代表の10番ハク奪か
7/30(火) 16:40配信 東スポWEB

【サッカー情報局】サッカー担当記者 ポルトガル1部ポルトに移籍した日本代表MF中島翔哉(24)がサッカー関係者の間で大きな話題になっています。

 デスク カタール1部アルドハイルから移籍したからか? 確かに不自然で不可解な移籍だったけどな。それでも10番を背負うポルトでの評価も上々だし、9月から始まるW杯アジア予選でも活躍してほしいよな。

 記者 いやいや、日本代表の10番を背負って臨んだ6月の南米選手権で真っ黒なスパイクを履いていたことに「どうなってんの?」という声が出ているんです。

 デスク 中島はアディダスジャパン社と契約していたんじゃないのか。だから同社がオフィシャルサプライヤーを務める日本代表の10番になったんだろ?

 記者 そう思われていたんですけど、全世界が注目する同大会で中島は違うメーカーのスパイクを使用したようで、わからないように真っ黒になっていました。アディダスジャパン社も対応に困っているようですね。

 デスク 間違いなく莫大な契約金をもらっているはずだし、ルール違反じゃないのか。

 記者 ある日本代表OBは「どうしてもフィットしない場合は(契約スパイクを)履かないときはあるけど…。罰金とかあるかもしれないし、もう代表の10番はもらえないかもね」と話していました。

 デスク まあ、アディダスジャパン社の契約選手が10番をつけるっていうのは暗黙の了解だからな。となると、次の10番はいよいよ…。

日本代表の10番と言えば攻撃型ポジションが主戦場のサッカー選手であれば誰しもが憧れるエースナンバーですが、どのような原因がこのような事態を招いたのでしょうか。

ここではサッカー日本代表の中島翔哉のエースナンバー10番はく奪の話題についてまとめました。

中島翔哉が日本代表10番はく奪の理由(原因)は黒スパイク?

事の発端は6月の南米選手権にさかのぼります。

この日、日本代表で10番を背負って臨んだ中島翔哉選手でしたが、その際に真っ黒なスパイクを履いていたというのです。

中島翔哉 黒スパイク

中島翔哉選手はアディダスジャパン社と契約しているのですが、そこにはエースナンバー10番にまつわるある暗黙の了解が存在するというのです。

それはアディダスジャパン社がオフィシャルサプライヤーを務める日本代表では「アディダスジャパン社の契約選手が10番をつける」というもの。

ただでさえ同社から莫大な契約金をもらっているであろう中島翔哉選手が他のメーカーのスパイクを履くということはご法度というわけです。

なぜ中島翔哉選手はアディダスジャパン社のスパイクを使用しなかったのでしょうか。

その理由として考えられるのが以下です。

  • どうしてもフィットしない場合
  • アディダスジャパン社と何かしらの問題が生じた

この理由については現在のところ確証を持てる情報は入ってきていませんが、話題性の大きさから今後特定に向けた調査が何かしらの形で進められるかもしれません。

中島翔哉選手はアディダスジャパン社のスパイクを使用しなかった理由について、詳細がわかり次第こちらでお伝えしようと思います。

中島翔哉の10番エースナンバーの後継者は誰か?選手予想

中島翔哉の10番はく奪が話題のサッカー日本代表ですが、そのエースナンバーの後継者は誰か?という声が上がってきています。

サッカー日本代表で10番というエースナンバーをつける選手には条件があるというのは前項で触れましたが、その条件を満たした選手が代表にいるのか調べました。

サッカー日本代表で10番をつける選手の条件を当サイトの推測も交えてあげると、

  • アディダスジャパン社と契約している(暗黙の了解)
  • アディダスジャパン社のスパイクを使用している(暗黙の了解)
  • ポジションが前線の選手である(推測)
  • プレーに華がある(推測)
  • サポーターや日本国民からの人気がある(推測)

この条件に当てはまりそうな予想選手をピックアップすると、最有力選手はやはり久保建英選手です。

久保建英選手はアディダスのブランドムービーに出演している事からスポンサー契約されたのかと思われます。

ポジションはフォワード、ミッドフィールダーを主に担当することからも、ポジションが前線の選手であるという条件をクリアしています。

またプレースタイルがリオネル・メッシ選手と似ていることから和製メッシと呼ばれており、もちろんその呼び名通りプレーにも華があります。

若いころにはバルセロナ下部で、そして最近になってレアルマドリードに移籍したことからも日本国民からの期待も大きいですね。

サッカー日本代表で10番というエースナンバーをつけるにはこれ以上の存在はいないくらいもってこいの選手と言えるでしょう。

ただ忘れていけないのは、今回の中島翔哉選手の10番エースナンバーはく奪が実際に行われるのかはわかっていないということです。

今後スポンサーや関係機関からどのような動きがあるのか、中島翔哉選手の背番号の動向からは目が離せません。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。

pna…
逆にスポンサーなのに足型に適応した好みのスパイクを提供できないのも問題では?

ロシアンブルー
サッカーが大好き中島には代表の10番より
フィットするスパイクの方が断然大事だよ。

hap*****
スポンサーとして広告効果が大切なのはわかるが、スポーツのスポンサーこそ選手ファーストの姿勢を表して欲しい
その方が企業もメリット大きいと思うけどな