集中できない原因とすぐできる改善策

集中したいけどどうしても集中できない!そんな時ってありますよね。

バズインフィニティの観点で、集中できない原因とその改善策についてまとめました。

関心事が別にある

集中したいこと以外に関心事が別にあると、当然集中することが難しくなります。

集中するためには他にある関心事をいち早く解決してしまうということが大事です。

ひとつのことに没頭する環境を整えれば、必然的に集中力が高まりやすくなります。

そういった環境づくりを常に意識して実行するすることが、必ず集中力アップにつながるでしょう。

ダラダラと長時間作業する

時間を決めずにダラダラと作業をして、思いのほか作業が進まなかったという経験をした方は少なくないと思います。

取り組む時間が長くなれば長くなるほど、やはり集中力は途切れやすくなります。

ここで有効なのが「締め切りを設ける」ということです。

作業をする場合はあらかじめタイマーなどを使って時間を設定することで、自分が思っていた以上に集中力を高めることができます。

その時間内に作業を終わらせるというマインドで取り組むことが、集中力を存分に引き出すためには重要なのです。

疲れが溜まっている

疲れが溜まることでボーっとしてしまったり、睡魔に襲われたりして集中できないということは多くの方が体験していることでしょう。

こういった状態では本来のパフォーマンスで事を進めることは難しいですし、集中力も上がらない・持続しないという状態に陥りやすいです。

そんな中でも集中力をあげるには、適度な休息をとる、しっかりと睡眠する、定期的に息抜きをする、といった対処をして、溜まった疲れを癒すことが必要です。

寝不足

人間が生きていくうえで必要な欲には、食欲、性欲、睡眠欲の3つがあるということは広く知られています。

どれが欠けてもダメなわけですが、集中力という部分においては睡眠の要素を欠かすことは非常に良くない影響があります。

寝る時間をなかなか確保できないという方もいらっしゃると思いますが、ちょっとした工夫を施すことで睡眠時間というのは意外に作れるものです。

具体的な例えでいえば、合間の時間で10分だけ睡眠をとったり、夜寝る前のスマホ閲覧を短くして早く就寝したり、などでしょう。

こういった小さな工夫の積み重ねが必ず集中力アップへと繋がっていくので、まだ試したことがないという方はぜひ実践してみて下さい。

他人に時間を取られる

集中力が途切れるひとつの原因としてあるのが、集中している時に何かしら他人からアクションがありそれに対応することで時間を取られるということです。

他人に時間を取られることは「時間泥棒」というような表現をされていますが、この場合は集中していた状態も「泥棒」されてしまうので「集中泥棒」ともいえるかもしれません。

これに対する対処は、集中している時に来た他人からのアクションは急を要するものでない限り後回しにするということです。

電話であったりメールであったりと様々な連絡手段がありますが、集中している時こそこういったものを「遮断する」ことが重要と言えるでしょう。

作業の見通しが悪い

作業の見通しが悪いということはゴールまでの道のりがよくわからない、ということです。

ゴールまでの道のりがわからないのでいろいろなことを考えなくてはいけなくなり、結果的に一つのことに集中しにくい状態になりやすいです。

これを解消するためには、作業する段階の前に視界良好でしっかりとした計画を立てることが必要になります。

物事に取り組む前に集中するための環境を整えてあげるということですね。

例えば、前日に次の日の作業計画を立ててしまい、翌日すぐに作業ができる状態にしておく、という工夫などです。

翌日のスケジュールを前日に決定するというのは本当に効果がありますよ。

作業の見通しをよくするための施策はたくさんあるので、思い当たるものから的確に実行していってみましょう。

音が気になる

適度な音であれば集中することができたりするものですが、集中力を妨げるような音も存在しますよね。

これに関しては人によって感じ取る感覚も違いますので、一概にこの音を遮断しよう!というものはないのですが、対策がないわけではありません。

例えば、集中力を妨げる遮断したい音が出ている場合は耳栓をしたり、イヤホンで自分の集中できる音を上塗りで流したりという対処ができます。

自分が好きな音であれば集中できるということは往々にしてあるからです。

音が気になって集中できないという場合はこういった工夫を凝らして対策することが、逆に集中力を高めるのに効果的に作用することが期待できます。

普段から自分が集中できる音を見つけておくことも、耳障りなノイズが流れてきた時の重要な対策改善であるということを頭の片隅に入れて置いてみてください。