クレイグファロンの死因は?英国の柔道元世界王者が死去→経歴プロフィールとかっこいいイケメン顔写真(画像)と試合動画

こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

クレイグファロン(英国の柔道元世界王者)の訃報が入ってきました。

JIJI COMによると、以下のように報じています。

柔道元世界王者が死去=英国のクレイグ・ファロン、36歳

国際柔道連盟は16日、男子60キロ級で2005年世界選手権を制したクレイグ・ファロン(英国)が15日に死去したと発表した。36歳だった。

英BBC放送(電子版)によると、死因は明らかにされていない。五輪は04年アテネ、08年北京両大会に出場。今春から英ウェールズ・チームを指導していた。

36歳という若さで柔道元世界王者というアスリートのクレイグ・ファロンさんの今回の訃報について調べました。

クレイグファロンの死因は?

36歳での訃報に驚きの声が多く出ていますが、気になる死因についてリサーチしてみました。

急死ともいえる今回のような場合は、自殺、他殺、病死、事故死などが死因の候補として上がるものですが、今回の場合このことに関する情報は一切出ていません。

報道によると英BBC放送(電子版)でも死因を明らかにしていないそうですが、今後関係者や現地の報道などから死因が特定される可能性もあります。

クレイグファロンの死因については情報が入り次第、こちらに追記させていただきます。

クレイグファロンがかっこいい!イケメン顔写真(画像)と動画

クレイグファロン顔写真(画像)

かなりのイケメンですね。このルックスからは柔道の世界選手を想像することはできません。


ヨーロッパやイギリスの方の特有の深いほりや無造作なミディアムヘアーで、日本人からの人気もでそうな顔ですね。

クレイグファロンの試合動画

やはり柔道家ですね。凛としていて非常にかっこいいです。

クレイグファロンの経歴プロフィール(成績や戦績)

プロフィール
名前:クレイグ ファロン(Craig Fallon)
生年月日:1982年12月18日
出身:イギリス イプスウィッチ
身長:167cm
階級:60kg級

階級もかなりライトなクラスですね。この小柄な雰囲気は女性のファンも多かったでしょう。

柔道は8歳の時に始めた。2003年の世界選手権では決勝で韓国の崔敏浩に小外掛で敗れて2位だった。翌年のアテネオリンピックでは3回戦で敗れた。2005年の世界選手権では決勝でオーストリアのルートウィヒ・パイシャーを有効で破って優勝を飾った。しかし、2008年の北京オリンピックでは3回戦でパイシャーに効果で敗れて7位に終わった。その後は66kg級に階級を上げるものの、2012年になると引退を表明した[2]。2019年にはウェールズ代表のヘッドコーチとなったが、7月に36歳で死去した。
参照:wikipedia

柔道選手としての成績(戦績)

2001年 – ヨーロッパジュニア  2位
2002年 – 英連邦競技大会 優勝
2003年 – フランス国際 優勝
2003年 – ヨーロッパ選手権 2位
2003年 – 世界選手権 2位
2004年 – チェコ国際 優勝
2004年 – U23ヨーロッパ柔道選手権大会 優勝
2005年 – フランス国際 3位
2005年 – ポーランド国際 優勝
2005年 – 世界選手権 優勝
2006年 – ヨーロッパ選手権 優勝
2007年 – イギリス国際 優勝
2008年 – オーストリア国際 優勝
2008年 – 北京オリンピック 7位

そうとうな実力の持ち主だということが、この成績(戦績)からもわかりますね。

CMなどにも抜擢されそうな顔立ちですし、年俸や年収はいくらなのかも非常に気になるところですね。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。

指導者としてもこれからという時に悔やまれます。若いのに、、死因は何だったのでしょう。

それにしても、死因も明らかになっておらず、BBCトップにも出ていないのにyahoo!ニュースのトップに出るという謎のチョイスは一体。

クレイグ・ファロンと言えば、若い頃の無造作なミディアムヘアーをなびかせてた姿が印象的。裏腹に結構武骨な柔道してけど。

死因ははっきりしていないのか。
36歳は若すぎる。

お悔やみ申し上げます。

死因が明らかにされていないときは、いくつかのパターンが限定されるでしょう

偉大な柔道家であるクレイグ・ファロンさんのご冥福をお祈りします。