ありがた料【ネットで炎上】転売?無料抽選チケット譲渡のTwitterやりとりが発端→批判の声相次ぐ謎ワードの真相

こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

ありがた料という耳慣れない謎ワードがネットで炎上していると話題になっています。

AbemaTV『けやきヒルズ』によると、以下のように報じています。

2日、Twitterトレンド入りした「ありがた料」。耳慣れない言葉に「初めて聞いた」「謎ワードが出現」と話題になったが、いったい何を指す言葉なのか。

発端は、無料抽選チケットの譲渡をめぐるTwitterのやり取り。あるコラボカフェの無料・抽選チケットに落選したAさん。Twitterで募集をかけたところ、Bさんから別の日のチケットなら所持していると応募が来る。しかし、Bさんが「ありがた料として~2500円頂きたい」と提示したため、Aさんは「無料チケットを有料でって…要するに転売?」と丁重に断ったという。

この「ありがた料」の解釈に、Twitterでは「お気持ち代ってこと?」「恩着せがましすぎでしょ」「今後チケット譲渡とかのツイに『ありがた料は不要』って書く人が増えそう」と批判の声が相次いだ。

では、専門家は今回の炎上をどのようにみているのか。リリーフサインの四家章裕社長は「SNSで言いづらい『手数料』や『感謝料』を『ありがた料』という言葉に置き換えて、正当化しようとしたことが裏目に出た」と指摘。また、「聞いたことのないワードだったこともあって、急速に拡散されたのでは」との見方を示した。

無料抽選チケットの譲渡をめぐり、SNSでは言いづらい言葉を『ありがた料』という言葉に替えて正当化しようとしたことがことの発端です。

ありがた料を巡る今回の炎上騒ぎについて情報をまとめました。

ありがた料とは?

無料抽選チケット譲渡のTwitterやりとりが発端となって生まれたのが「ありがた料」です。

現在は削除されてしまっていますが、発端となったキャプチャーを残していた方がいらっしゃいました。

こんなツイートで表現をされている方もいました。

今回の「ありがた料」を他の言葉にして表すなら、「仲介料」「手数料」「手間賃」といったところでしょうか。

炎上したありがた料→批判の声相次ぐ謎ワードの真相

初めて「ありがた料」という言葉を知り批判が集中しているのを見た時は、謎ワードがなぜ炎上しているんだ?と思った方も少なくないと思います。

無料で当選したカフェの権利をツイッターを介して転売しようとし、その際に「ありがた料」という名目にした結果、多くの反感を買ったというのが今回の炎上までのいきさつです。

アイドルコンサートのチケットなどで度を越えた転売が横行し、世の中がそういったテンバイヤーに冷ややかな目を向けている中の出来事だったので、叩かれて当然と言えば当然だと思います。

もう少し違う表現であればこういった大問題までは発展しなかったと思いますが、ありがた料といういかにも上から目線なワードを使ってしまったことがこのような結果を招いてしまったのでしょう。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。

同じことを言い表すにしても、使う言葉はしっかり選ばなければいけないなと思わせる一件でした。