【死去】原知佐子の現在昔の画像と動画|シンゴジラや山口百恵との関係


女優の原知佐子さんが死去されたと大きく報じられ、多くの悲しみの声が寄せられています。

原 知佐子さん(はら・ちさこ=俳優、本名実相寺知佐子=じっそうじ・ちさこ、映画監督故実相寺昭雄氏の妻)19日午後6時4分、上顎がんのため東京都杉並区の病院で死去、84歳。高知県出身。葬儀・告別式は親族のみで行う。喪主は長女吾子(あこ)さん。

本名は実相寺知佐子、生年月日1936年1月6日、高知県高岡郡高岡町出身、高知県立高知追手前高等学校を卒業し同志社大学文学部美学美術学科へ進んだ原知佐子さん。

現代制作舎に所属し、これまで数多くの作品に出演された俳優さんです。

70年代に放送されたドラマ「赤い疑惑」など「赤いシリーズ」で、山口百恵さんが演じるヒロインをいびる役で知られたほか、「岸辺のアルバム」などテレビを中心に活躍。16年の映画「シン・ゴジラ」にも出演した。

ご家族に旦那さんは故・実相寺昭雄さん、実相寺吾子さんという娘さんがいらっしゃる彼女ですが、一体どのような人物だったのでしょうか。

ここでは原知佐子さんの現在や昔の画像と動画、シンゴジラ出演や山口百恵さんとの関係についてまとめました。



原知佐子が死去!死因は病気で上顎肉腫

原知佐子さんが死去されたとの訃報を大手メディアが一斉に報じていますが、その死因は上顎肉腫(上顎がん)という病気とのことです。

原 知佐子さん(はら・ちさこ=俳優、本名実相寺知佐子=じっそうじ・ちさこ、映画監督故実相寺昭雄氏の妻)19日午後6時4分、上顎がんのため東京都杉並区の病院で死去、84歳。

原 知佐子さん(はら・ちさこ、本名実相寺知佐子=じっそうじ・ちさこ=女優)19日午後6時4分、上顎肉腫のため東京都内の病院で死去、84歳。

東京都内の病院で死去されたと報じられている彼女ですが、どこの病院で亡くなられたのかについては確認できていません。

また、がんのステージや病状、入院通院などについても詳細な情報は見つかっていません。

原知佐子の現在と昔の画像と動画

原知佐子さんの現在と昔の画像と動画をまとめました。

原知佐子さんの若い頃の画像

原知佐子 昔

原知佐子さんの若い頃の動画

原知佐子さんの現在の画像

原知佐子 現在

原知佐子さんの現在の動画

原知佐子はシンゴジラで何役?

1955年、新東宝の「第4期スターレット」に合格し、1959年には東宝に移籍したという原知佐子さん。

1958年出演の「スーパージャイアンツ 宇宙怪人出現」や、同年の夫婦百景 第29話「にたもの夫婦」が初期の出演作と思われます。

そんな原知佐子さんの近年の出演作で有名なのが2016年7月29日公開の特撮映画シンゴジラ。

総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣が手掛けたこの作品の中で、原知佐子さんは逃げ遅れた老婆を演じています。

原知佐子 シンゴジラ

原知佐子と山口百恵の関係

原知佐子さんと山口百恵さんは赤いシリーズで知られる「赤い疑惑」「赤い衝撃」で共演。

原知佐子さんが山口百恵さんをいびる役だったということで、様々な憶測を呼んだ二人。

「私たちのスケジュールも百恵ちゃんに合わせて深夜とか早朝のスタートということは多かったわよ。分刻みで動く百恵ちゃんだから、私が話しかけていた場面でも振り返ったらいなくなってたりね」
サバサバとした表情で振り返るのは、シリーズきっての「イビリ役」を演じた原知佐子である。第2作の「赤い疑惑」では友和を溺愛する母親役で百恵を寄せつけず、第4作の「赤い衝撃」(76年)では父親の寵愛を受ける百恵に嫉妬する義理の姉を演じた。

また原知佐子さんと山口百恵さんにはこのようなエピソードも。

控え室で見かける百恵は、いつも多くのマネジャーやレコード会社のスタッフに囲まれていた。とても声などかけられそうもない雰囲気だが、原はシリーズごとに1度は「1人で出ておいで」と耳打ちする。「私たちレギュラーの役者陣が一緒にお昼を食べる小さなお店があって、そこにちゃんと1人で顔を出してくれたわよ」

これらから察するに二人の関係は良好であったということがうかがい知れますね。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

とても意地悪な役をやっていた気がします。嫁イビリとか。
子供心にも、こんな人嫌だって思わせたんだから演技が上手かったんでしょうね。
今ならキムラ緑子さんみたいな感じかしら。
ご冥福をお祈りします。

赤い疑惑で光夫さんのお母さん役、赤い衝撃で百恵ちゃんの異母姉役をされていましたね。
旦那様は、ウルトラマンの実相寺監督だったんですね。

ちょっと影のある役もできたし、コミカルな役もできた 個性的な脇役女優でした。 ありがとう。

百恵さんのいびり役といえば欽どこで有名な真屋順子さんもなくなった
時代を感じます。

この人はウルトラマンレオのマザラス星人で出てましたね。
あの回はなんか可哀想な回だった。ご冥福をお祈りします。





最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。