全国福利厚生共済会の上級会員X氏は誰で名前は?桜を見る会をマルチ商法で勧誘利用と文春報道


桜を見る会をマルチ商法業者が勧誘で利用した実態が週刊文春の取材で明らかになり、大きな波紋を呼んでいます。

桜を見る会とマルチ商法については、ジャパンライフの件での国会追及が記憶に新しいですが、ここにきて浮上したのは全国福利厚生共済会。

この全国福利厚生共済会の上級会員で最高ランクのプライムダイヤモンドクラブメンバーというX氏が渦中の人物。

ここでは週刊文春で報じられた全国福利厚生共済会の上級会員X氏と、桜を見る会をマルチ商法で勧誘利用との文春報道についてまとめました。



全国福利厚生共済会の上級会員X氏は誰で名前は?

大きな注目を集めている桜を見る会と全国福利厚生共済会の勧誘についての週刊文春の報道。

桜を見る会がマルチ商法の勧誘に利用されていたとする今回の報道ですが、その渦中の人物が国福利厚生共済会の上級会員というX氏。

国福利厚生共済会 X氏

勧誘のために作成、販売した冊子の中に、安倍総理主催「桜を見る会」平成28年4月9日と記されており、その表紙にはこのX氏とその夫人が映っているとされています。

国福利厚生共済会 X氏夫人

文春によるとX氏は50代で九州地方在住との情報が掲載されていますが、その名前については明らかにされていません。

画像についても修正されているデータのみが公開されている状況であり、その素顔に関しても流出している写真は確認できていません。

桜を見る会をマルチ商法で勧誘利用と文春報道

全国福利厚生共済会 桜を見る会

桜を見る会を全国福利厚生共済会がマルチ商法で勧誘利用していたとする文春報道ですが、その詳細について以下のように報じています。

「これは、表紙に写っている男性・X氏が、勧誘のために作成、販売した冊子です。X氏は『全国福利厚生共済会』というマルチ商法業者の団体に所属しており、最高ランクの上級会員にあたる“プライムダイヤモンドクラブメンバー”です。彼は周囲に『この冊子を使って勧誘するように』と勧め、1冊1000円で売りつけたのです。総理とも縁のある人がやっているビジネスとなれば、宣伝効果は抜群ですから。『持っていないなら売ってやるよ』と言われたメンバーもいます」

文春の取材に対しX氏は以下のように反論しているようです。

「冊子は妻が作った手作りのものですが、勧誘に使ってくださいと勧めたことはない。売上は(2016年の)熊本地震の寄付に使ったんです。私がお客さんから1000円ずつの寄付を募って、応じてくれた方に、私がこれまでやってきたことの証として配った。(渡した相手は)覚えていませんが、100人ほどいるかもしれません」

勧誘に利用したことは頑なに否定するX氏だが、彼の招待状にも、ジャパンライフの元会長と同じく、“総理枠”とされる「60番」が印字されていた。

勧誘に利用したかどうかについて全面否定しているというX氏。その真偽については現時点で明らかにされていません。

ちなみに文春によると全国福利厚生共済会とは以下のような団体とされています。

全国福利厚生共済会とは、商品ではなく福利厚生サービスを提供する民間団体。公式サイトには〈当会の提供するプライムビジネスは、「特定商取引に関する法律」に規定する「連鎖販売取引」に該当します〉とある。「連鎖販売取引」とは、いわゆるマルチ商法のことだ。

このようなマルチ商法に桜を見る会が利用されていたとすればそれはもちろん大問題。

ジャパンライフの前例もある中での騒動だけに、今後さらなる議論や追求がされることは間違いなく、その動向の行方には日本国民としても注目せずにはいられないでしょう。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

*****K
桜を見る会の一件、もう良いとか別に重要なことが有るとか、疑惑は何も解明もされずに済ますのは、自民党寄りか首相好きとしか思えない。 時間を追うごとに、こうした問題もで出てくるのだから、納得の行く説明と責任の所在と処分しないと駄目です。 とにかく予算委員会とは別に、国会調査権できちんと解明して下さい。

cbf*****
疑惑は底なしの様相だな。
文春が食らいついたらいよいよ安倍政権もただで済まないことになる予感がする。
しかし疑惑が広がるほど電子データの名簿は死んでも表に出せないな、
安倍政権は。
端末データに名簿データを保存した官僚がいるなら、勇気を出して日本の正義のために、一刻も早く流出させてほしい。

ult*****
名簿はもうないのだから、他のマルチ商法で
「桜を見る会」に招待されたと勧誘に使用されても
根拠もなければ虚偽でもないということですな。
いろんな団体が招待されたと勧誘し放題です。
政府がマルチ商法の片棒を担いでいるという事です。

bnr*****
首相枠の背番号60番が続々と出て来るね。与党は審議拒否せずに予算委員会を開いて首相が一問一答で疑惑を晴らさな来年の通常国会に尾を引いて大事な国策が議論でけへんがな。美しい瑞穂の国、ひとづくり革命、道徳教科復活はどの面さげて言うてはんのかな?





最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。