【急死】中村玉緒息子(鴈龍太郎)が確執で絶縁?逮捕や座頭市事故について


女優の中村玉緒さんの息子である鴈龍さん(本名:奥村雄大)が、2019年11月1日に急死していたことが週刊文春によって報じられました。

勝新太郎さんの長男である鴈龍さんですが、近年では母親の玉緒さんとの絶縁を報じられ話題になりました。

ここではそんな鴈龍さんの玉緒さんとの関係や、1982年の違法薬物での逮捕、デビュー映画・座頭市での大事故についてまとめました。



中村玉緒の息子が急死→死因は急性心不全

中村玉緒さんの息子・鴈龍さんの死去は、週刊文春の独自取材によって2019年12月3日に報道されました。

2019年11月1日に急死し滞在先の名古屋で遺体が発見された鴈龍さんですが、死因は急性心不全で事件性のない孤独死とみられています。

体重が110kgほどの時期もあったという鴈龍さん。しかしその健康状態について詳細に言及している情報は確認できていません。

知人によれば大きな病気もなかったという鴈龍さんですが、これは慢性的な大病はなかっただけであり、急性心不全による急死には健康状態や生活環境などが少なからず影響したかもしれません。

この煙草と一緒に映っている画像からは、鴈龍さんが喫煙者であったということがうかがい知れますが、これと併せて肥満体型だったという情報を鑑みても、不健康であった可能性は十分に考えられるでしょう。

この動画の中でダイエットをしているとコメントしている鴈龍さんですが、この舞台「COASTER 2017」 の出演を最後に表舞台から姿を消していたとの噂もあるようです。

中村玉緒と息子が確執で絶縁?

中村玉緒さんと息子の鴈龍さんには絶縁疑惑が報じられた過去があります。

「実はこの2年間ほど、長男の鴈龍太郎(54)と絶縁状態にあるのです。鴈に“縁切り”を申し渡したのは、玉緒さんでした」(中村の古くからの知人)

どうもこの真相には、中村玉緒さんと息子鴈龍さんが働かない、仕事をしない、というような噂が絡んでいるようです。

鴈龍太郎は、昭和の大スター勝新太郎さんと人気女優の中村の間に生まれ、“芸能界のサラブレッド”として注目されていたこともある。勝さんは一人息子に期待し、ときには愛情深く、ときには厳しく指導していたのだ。だが名優から英才教育を受けるようになってから30年余り、その息子の才能が開花することはなかった。

父・勝新太郎と母・中村玉緒という大物俳優の2世として生まれた鴈龍さんですが、やはり役者の世界というのは決して甘いものでは無かったようです。

「鴈にも“父の名に恥じないような俳優になりたい”という気持ちはあったようですが、プライドも高く、“使いやすい俳優”ではなかったと聞いています。また玉緒さんの経済的援助があるので、生活にも困らなかったために、やる気も長続きはしなかったようです」

やはり偉大過ぎる父親や母親を持つ子というのは、経済的に恵まれている半面で想像できないような大変さがあるのかもしれません。

2019年5月21日に女性自身によって報じられた中村玉緒さんと息子の絶縁疑惑ですが、どうやらこれには二人の間に確執があったわけでは無いようです。

私はちょっと贅沢をさせて、(子供たちの)育て方を間違えたかもしれません。でも、私にとっては、大事な子供たちです。娘はいちど結婚してすぐ離婚しましたし、息子もまだ独身ですが、早くいい嫁さんに来てもらって、孫の顔が見たいですね(『婦人公論』’06年1月22日号)

「何十年も『きちんと仕事をしてほしい』と、息子に苦言を呈し続けていた玉緒さんも80歳という年齢が近づき、苦渋の決断を下さざるをえなくなったのです。鴈は’17年に2年ぶりに舞台に出演しましたが、その後は働くそぶりを見せませんでした。玉緒さんは『私が面倒をみているかぎり、あの子が立ち直ることはない』と考え、長女とも相談したうえで鴈を絶縁し、経済的援助を打ち切ったそうです」

このように母としての葛藤をインタビューで明かしている中村玉緒さんですが、やはり子供は子供、かわいい一方で、自立して欲しいという気持ちが大きかったのでしょう。

中村玉緒の息子が薬物逮捕

中村玉緒さんの息子には違法薬物の逮捕歴があります。

芸能界デビュー前の1982年、元女優で姉の奥村真粧美さんとともに鴈龍さんは大〇密売で逮捕。2年後の1984年には〇麻取締法違反で再び逮捕されています。

父親の勝新太郎さんも1990年1月にハワイのホノルル国際空港で下着に〇リファナとコカイ〇を入れていたとして現行犯逮捕。

8年の間に親子そろって違法薬物でともに逮捕されていたということになりますね。

中村玉緒の息子の座頭市事故

1989年に父・勝新太郎が監督を務める映画・座頭市で俳優デビューした中村玉緒さんの息子・鴈龍さん。

座頭市といえば殺陣ですが、ここで大きな事故が起きてしまいます。

1988年12月26日に広島県福山市みろくの里撮影所で行われた座頭市の撮影。

その立ち回りの殺陣の場面において、鴈龍さんは斬られ役の俳優・加藤幸雄さんに誤って重傷を負わせ、その後加藤さんは亡くなってしまいます。

本来、撮影で使用する日本刀は撮影用の模擬刀等。しかし迫力を出すためにスタッフが勝手に用意したのは真剣で、それを知らない鴈龍さんが首を斬りつけてしまった、というのが座頭市事故の経緯とのことです。

裁判では鴈龍さんの主張が認められたそうですが、これを機に謹慎生活を送ることになり、その後の芸能生活にも大きな影響があったとみられます。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

ydc*****
写真を見る限り 結構太っていらっしゃった。
波乱万丈の人生、超有名人の両親の元に生まれて
かなりのプレッシャーだったのでしょう。
ご冥福をお祈りします。

AAA
親が偉大すぎるのに同じ道を選ぶと
重圧が半端なかったと思う。

**t****
玉緒さん、母親にしたらどんなドラ息子でも愛する子が先に逝くって辛いこと。ご冥福をお祈りします。

yam*****
ご冥福をお祈りいたします。
玉緒さんのお気持ちを察すると心が締め付けられます。





最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。