「やる気が出ない」「始めてみたものの長続きしない」「今の行動に充実感を得られない」
こういったモチベーションが上がらない時というのは誰しもあるかと思います。

ここでは、そんなモチベーションが下がっている状態を抜け出すために私が実践しているモチベーションアップ術をご紹介します。

少なからず私バジンがやる気を向上させる方法として効果を実感しているものですので、初見の項目などについてはぜひ一度お試しいただけるとうれしいです。

目標を掲げることでモチベーションアップ

目標を掲げるというのはモチベーションを高めるうえで非常に重要だと私は考えています。

目標がない場合、当然そこに向かっていく気持ちも生まれません。=モチベーションアップすることもありません。

逆に目標を持てばそこに向かって行動することができ、その行動にはやる気を伴わせることが可能になり、つまりはモチベーションアップにつながるわけです。

目標までの道のりを細かく明確化する

ただ目標を持てばいいかというと、必ずしもそうではないとも私は考えます。

漠然とした目標を持っても達成する具体的なイメージがなければ、なかなかモチベーションが上がらないという経験を私自身がしたことがあるからです。

これを解消するのが「目標までの道のりを細かく明確化する」ということです。

例えば、今いる東京から北海道まで移動したいとします。この時の目標は「北海道に行く」ですよね。

この場合の「目標までの道のりを細かく明確化する」ということは、「いつまでに北海道に行くのか」「何の交通手段を使って北海道に行くのか」「北海道に行くための必要な準備は何か」などだと思います。

何も考えずに北海道に行きたいというだけではなかなか行動に移すことはできませんが、時期・手段・準備などの必要な部分がはっきりと明確化されていくことで、「北海道までの道筋がわかった!よし、行くぞ!」となるわけですね。

これを自分の目標に置き換えてみるといいのです。

その目標を達成するためには何が必要なのかがわかり、そこを辿れば目標達成できるという成功イメージが明確になることで、自然とモチベーションアップにつながっていくわけです。

セルフイメージを高めることでモチベーションアップ

セルフイメージとは自分がする、自分への評価、自分への認識、自分へのイメージ、といった意味です。

たとえば物事をネガティブに捉えやすい性格というのは、大きい見方でいうとセルフイメージが低いといえます。

  • 自分には無理、絶対できない。。
  • 僕には才能がない、、
  • 私っていつも運が悪い、どうして・・・

こういうことを考えてしまう人というのはマイナス思考がベースにあるのでモチベーションが下がりやすく、一歩を踏み出せなかったり長続きしなかったりします。

逆に常にポジティブに物事を捉える性格というのは、大きい見方でセルフイメージが高いといえます。

  • 自分なら可能、絶対できる!
  • 僕は才能に溢れているなあー!
  • 私っていつも運が良い、なんてツイてるの!

こういう考えの人はプラス思考がベースにありモチベーションも高く、すぐに行動に移したり、ひとつのことをやり遂げるまで続けることもできます。

つまり、セルフイメージを高めるということはモチベーションをアップする原動力になり得るわけです。

結果を出す前に結果を出した自分を想像する

結果を出す前に結果を出した自分を想像するということは、セルフイメージを高める要素の中のひとつと言えます。

自分が成し遂げた姿を明確にイメージすることで、それに伴う行動が自然とできるようになるのです。

私が尊敬するラグビーの大畑選手、サッカーの本田選手は、まさにこういう考えを持った言動をされていると思います。

100%願った結果につながるとは限らなくとも、自分の努力の先にある姿を明確に想像することで、そこに向かう気持ちが強まり、実現に向けた行動がとれるようになる=モチベーションがアップする、というわけです。

なりたい自分から今の自分へのアドバイス

これもセルフイメージを高める一つの手段として自分が使っている方法です。

なりたい自分になっている10年後の自分が今の自分にどうアドバイスするか。

目標から逆算し今必要なことを客観的に俯瞰する、とも表現できるでしょうか。

今自分にとって大事なこと、やるべきことを的確に理解しアドバイスすることで、それに準じた行動を自ら促すことができるのです。

個人的にはモチベーションアップの一種のブレイクスルーができたなと実感している方法で、今でもモチベーションダウンした時には未来の自分からのアドバイスを受けるようにしています。

まとめ

今すぐできるモチベーションアップ術いかがだったでしょうか。

これらは私が実際に取り入れているやる気を向上させる方法で、モチベーションが下がった時に自分なりにうまく活用できています。

人にはそれぞれ様々なシチュエーションがあるかと思いますが、上記でピンときた項目についてはぜひ積極的に取り入れてみてください。