スリムクラブ闇営業の真相!稲川会(ヤクザ)大幹部Sは誰?本部長ナンバー3名前特定?

こんにちは!バズインフィニティ編集部の天野です。

続報です!スリムクラブ闇営業の真相が続々と解明されてきました。

FRIDAYデジタルによると、以下のように報じています。

6月27日、吉本興業は人気コンビ「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成を無期限謹慎処分にしたと発表した。吉本が、報道各社に送ったファックスによると、「飲食店オーナーの誕生日パーティへの演芸提供を直接依頼され」とあるが、実際には、指定暴力団幹部の誕生日パーティへの参加だった。

FRIDAY6月28日発売最新号では、「まだまだ出てくる吉本興業の『闇芸人』スリムクラブ 稲川会幹部の誕生会で『闇営業』」と題し、その時の様子を詳しく報じている。今回スリムクラブが行った「闇営業」の相手は、Sという有名ヤクザ。指定暴力団「稲川会」の大幹部である。

「Sは稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)を務めている人物で、今年4月に稲川会の六代目に就任した内堀和也会長の側近中の側近。年は40代半ばですから、若手の出世頭ですよ。10代後半から稲川会に所属するバリバリのヤクザですが、Sの一番の〝ウリ〟は経済力。川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしており、さまざまな〝ビジネス〟でメチャクチャ儲けていると聞きます」(暴力団関係者)

6月28日発売のFRIDAY最新号では、彼らが暴力団幹部の横で、上半身裸の状態で「札びら」を首に巻いて乱痴気騒ぎをする様子などを掲載し、パーティの様子を詳報している。

先日の「雨上がり決死隊」宮迫博之や「ロンドンブーツ1号2号」田村亮らの詐欺グループへの闇営業の件を上回るインパクトを秘めている今回のスリムクラブ闇営業問題。

稲川会(ヤクザ)大幹部Sを中心に、この件の詳細について調べた結果をお伝えしていきます。

スリムクラブ闇営業の真相!稲川会(ヤクザ)大幹部Sは誰?名前を特定?

フライデーによると稲川会大幹部Sは内堀和也会長の側近中の側近で、40代半ばで若手の出世頭、神奈川県川崎の繁華街をシマ(縄張り)にして経済力も高いそうです。

イニシャルがSで稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)には誰がいるのかリサーチしました。

稲川会でイニシャルがSの大幹部

wikipediaによれば稲川会は以下のような組織で構成されているとのことです。

稲川会
役職 氏名 二次団体 三次団体 本部
会長 辛炳圭
理事長 内堀和也 三代目山川一家総長 神奈川県川崎市
総本部幹事長 小原忠悦 三代目三日月一家総長 千葉県木更津市
総本部本部長 吉原勝彦 六代目七熊一家総長 千葉県船橋市
組織委員長 戸上光雄 紘城一家総長 神奈川県小田原市
渉外委員長 國近哲也 七代目三本杉一家総長 東京都渋谷区
諮問委員長 鈴木政行 二代目杉浦一家総長 神奈川県横浜市
運営委員長 坂井繁生 四代目森田一家総長 静岡県静岡市
慶弔委員長 池田龍治 三代目山川一家舎弟頭 池田組組長 神奈川県横浜市
筆頭執行部 貞方留義 三代目埋地一家総長 神奈川県横浜市
執行部 中島順成 二代目中島一家総長 岐阜県岐阜市
執行部 沖 勝彦 二代目山瀬一家総長 神奈川県横浜市
執行部 鈴木郁夫 七代目田中一家総長 群馬県伊勢崎市
執行部 馬場知己 七代目佃政一家総長 東京都中央区
執行部 秋田 昇 六代目七熊一家若頭 秋田組組長 千葉県船橋市
総本部事務局長 齋藤孝一 七代目三本杉一家慶弔委員長 二代目村野組組長代行 東京都渋谷区
名誉顧問 和田嘉雄
最高顧問 中島唯雄
顧問 富山正一
常任相談役 遠藤通夫 相模一家総長 神奈川県平塚市
常任相談役 井積宏之 三代目越路家一家総長 北海道札幌市
常任相談役 遠藤貴嗣 紘龍一家総長 福島県郡山市
常任相談役 山崎功二 七代目大場一家総長 静岡県沼津市
常任相談役 木川孝始 習志野一家総長 千葉県習志野市
常任相談役 小谷野一郎 八代目八木田一家総長 埼玉県深谷市
常任相談役 水野四郎 五代目木暮一家総長 北海道札幌市
常任相談役 西山 輝 十代目碑文谷一家総長 東京都品川区

この中でイニシャルがSとなると鈴木政行(神奈川県横浜市)、坂井繁生(静岡県静岡市)、鈴木郁夫(群馬県伊勢崎市)、齋藤孝一(東京都渋谷区)といった名が上がります。

しかし「川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしており、」とあるように、大幹部Sは活動するエリアが川崎界隈であるとフライデーの取材で判明しているそうなので、この中には該当する幹部がいない可能性もありそうなのです。

スリムクラブ闇営業の真相!稲川会(ヤクザ)大幹部S名前特定?

もう一度スリムクラブの闇営業の相手・大幹部Sの特徴をまとめてみると、

  • 稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)
  • 内堀和也会長の側近中の側近
  • 年は40代半ば
  • 若手の出世頭
  • 10代後半から稲川会に所属するバリバリのヤクザ
  • 川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしている

リサーチした結果浮上した候補が、稲川会の二次団体・山川一家の本部長(ナンバー3)である諏訪貴明(すわたかあき)氏です。

内堀和也会長はもともと山川一家の総長を務めており、その山川一家の本部長(ナンバー3)であれば「側近中の側近」といってよいでしょう。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。