【ネタバレ】ガキ使笑ってはいけない2019ロケバス目撃で県立ヘイポーお豆ヶ丘高校→ロケ地の学校を特定?


2019年末のガキ使・笑ってはいけないシリーズのバス目撃やロケ地の学校の情報がツイッターで拡散し、世間の大きな注目を集めています。

J-CASTニュースによると、

大みそかの国民的お笑い番組として知られる「笑ってはいけないシリーズ」。その撮影が行われているのではないかとするツイートが、2019年11月4日から次々と上がっている。

情報が拡散するきっかけとなったのは、4日午前に行われた1本のツイート。「今年も年末の?ガキ使のバスの目撃情報出た」との文言に加え、学校の校舎のような建物の前に広がる校庭のような場所にバスが停車しているのを写した写真だ。また、この情報に加え、別のアカウントは具体的な地名を挙げつつ、ロケが行われているとするツイートを行うなどしたため、情報はさらに拡散した。

毎年この時期になると目撃情報が出始めるというガキ使・笑ってはいけないシリーズ。

今年は11月4日午前の目撃情報からはじまり、バスの写真やロケ地の学校などが次々と拡散している状況です。

ここでは現在拡散している2019年末のダウンタウンのガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズの情報についてまとめました。



ガキ使笑ってはいけない2019ロケバス目撃情報

ガキ使笑ってはいけない2019の目撃情報が拡散するきっかけは4日午前に行われたこちらのツイートです。

この後、ロケバスの目撃情報も続々と表れます。

笑ってはいけない 2019

出身校がロケ地になっているとのツイートもあり、ロケバスだけでなく撮影班のものとみられるバンなども目撃されているようです。

ガキ使笑ってはいけない2019は県立ヘイポーお豆ヶ丘高校

毎年テーマが異なるガキ使笑ってはいけない24時ですが、あるツイートにより今年のテーマがネタバレしています。

これは笑ってはいけない2019のロケバスの目撃情報とみられていますが、そのバスの車体には「県立ヘイポーお豆ヶ丘高校」の文字。

今回のテーマは高校が舞台となっているようですね。

こちらでは「東中」の文字が。県立ヘイポー納豆ケ丘高校となっていますが、これは見間違いでしょうか。

ガキ使笑ってはいけない2019ロケ地の学校を特定?

ガキ使笑ってはいけない2019は県立ヘイポーお豆ヶ丘高校が舞台という事ですが、ロケ地の学校はいったいどこなのでしょうか。

このようなツイートがあるので、学校名の特定は時間の問題とみられていました。

茨城県とのツイートが多発し、県名がほぼ判明。

ついには場所も学校の実名に関するツイートまで出てきます。

今年のガキ使笑ってはいけない2019のロケ地だと情報が出回っているのは、茨城県つくば市にある筑波東中学校という学校。

真偽については確認できていませんが、筑波東中は廃校になり跡地になっていて、ここだというネット上の声も多いため信憑性は高いと思われます。

こちらがそのロケ地の学校といわれている廃校に関するページです。

ガキ使笑ってはいけない2019のロケ地?

ガキ使笑ってはいけない2019のSNSやネットの反応

ガキ使笑ってはいけない2019について世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。