【死因は病気?】マリーラフォレ死去→経歴や昔と現在の顔画像!アランドロンや岡田真澄が恋人?


フランスの女優で歌手のマリーラフォレさんが死去され、世間の大きな注目を集めています。

時事通信によると、以下のように報じています。

マリー・ラフォレさん(フランスの女優・歌手)AFP通信によると、2日、スイス西部ジュノリエで死去、80歳。

1960年の初出演映画「太陽がいっぱい」でアラン・ドロンさんの相手役を演じ、一躍有名となったマリーラフォレさん。

シャンソン歌手としても大いに活躍し、これまでに累計3500万枚に上るアルバムを売り上げていました。

そんな名女優で名歌手であるマリーラフォレさんについてまとめました。



マリーラフォレ死去で死因は病気?

突然の訃報に落胆の声も少なくないマリーラフォレさんですが、その死因は何だったのでしょうか。

現在までにメディアを通して報じられている情報によると、マリーラフォレさんの死因は不明とのこと。

80歳で亡くなられたマリーラフォレさんですが、この年齢からは病気による死、あるいは自然死、事故死などが考えられます。

病院への通院や入院の情報や、病におかされているといった情報は現時点では確認できていません。

マリーラフォレさんの死因については確証ある情報が入り次第お伝えできればと思います。

マリーラフォレの経歴

生年月日は1939年10月5日、出生地はフランスのジロンド県スラック=シュル=メール。

本名はMaitena Marie Brigitte Doumenach(Maïténa Doumenach)、日本語ではマイテナ・ドゥメナクと読みます。

ジュネーヴに在住しスイス国籍の彼女ですが、死去した際はヴォー州ジェノリエに住まわれていたそうです。

出演作は

1997年:デザート・オブ・ファイアー
1997年:ティコ・ムーン
1989年:レプスキー絶体絶命/その男凶暴につき
1985年:タンゴ ガルデルの亡命
1984年:ソフィー・マルソー/恋にくちづけ
1982年:J=P・ベルモンドの エースの中のエース
1980年:ジャン=ポール・ベルモンドの 道化師/ドロボー・ピエロ
1979年:警部
1967年:ダイヤモンド・ジャック
1965年:ジャガーの眼
1965年:国境は燃えている
1964年:男を追って
1962年:女は夜の匂い
1961年:金色の眼の女
1961年:素晴らしき恋人たち
1960年:赤と青のブルース
1960年:太陽がいっぱい

マリーラフォレの昔と現在の顔画像

マリーラフォレさんの昔の顔画像がこちら。

マリーラフォレ 過去

なんとお美しい方なんでしょう。

マリーラフォレ 昔

この美貌ですからさぞ異性関係もお忙しかったのではないでしょうか。

そしてこちらが現在に近いマリーラフォレさんの画像です。

マリーラフォレ 現在

昔とはまた違った雰囲気でとてもお美しいですよね。

マリーラフォレとアランドロンの関係は?

マリーラフォレさんと検索すると出てくるのが、フランスの映画俳優で知られるアランドロンさんです。

冒頭でもお伝えした通り、この二人の関係は1960年のマリーラフォレさん初出演の映画「太陽がいっぱい」での共演。

美男子で女性の浮名も少なくなかったアランドロンさんですが、マリーラフォレさんとの関係は恋人とまではいかなかったようです。

マリーラフォレと岡田真澄が恋人?

フランス映画祭で来日していたマリーラフォレさん。

この時に親しくなったのが日本を代表する名俳優で伊達男の今は亡き岡田真澄さん。

岡田真澄さんはラフォレさんをクリーム色のシボレーに乗せて夜の闇に消えていったとの逸話があります。

要するに「お持ち帰り」したわけですが、その真相は日本のナイトクラブを案内しただけ、とのこと。

当時、瑳峨美智子さんと婚約していたと言われている岡田さんですが、これをきっかけに多大なバッシングを受けたそうです。

マリーラフォレさんと岡田真澄さんが恋人だったのか?どこまでの関係だったのかについては本人のみぞ知るところのようですが、フランス人女性と交際するというのは同じ日本人男性としてはうらやましい限りですね。

結婚までは至らなかったというマリーラフォレさんと岡田真澄さん。現代の小泉進次郎氏と滝川クリステルさんのようにはいかなかったわけですね。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

tit*****
「太陽がいっぱい」は最近見る機会があったけど、アラン・ドロン氏だけでなく、この人もいなければ名作たり得なかったです。ご冥福をお祈りいたします。

al2*****
太陽がいっぱいのラストは衝撃だった。
ニーノロータの音楽とドロンのイケメンぶり、そして彼女の美しさがすばらしかった。

合掌

bve*****
「太陽がいっぱい」を中学生のころ、テレビの洋画ロードショーかなにかで見て、この人が好きで好きで憧れました。日本の女優さんにはない、あの気だるいような、どこを見てるかわからない、焦点の合わない目線の表情に憧れました。あんな大人の女性になりたいと誰にも言わず、心の中で密かに思ってました。
今思えばなんと厚かましく大胆不敵な秘密だった事か・・・・はぁ~



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。