友永雅己教授(京都大学霊長類研究所)が詐欺訴訟?経歴WIKIプロフ顔写真!家族(嫁+子供)は?



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

京都大学の霊長類研究所(霊長研)の研究者で、大型類人猿の知性を研究してきたことでも知られる友永雅己教授。

2019年11月7日号掲載のデイリー新潮の報道で取り上げられた友永雅己教授ですが、内容が内容だけに大きな話題となっています。

関連記事:
京大霊長研(愛知犬山)が20億円研究費不正ロンダリング?疑惑の教授を週刊新潮が実名報道!

松沢哲郎元教授(京都大学霊長類研究所)経歴プロフ!チンパンジーは進化の隣人?施設工事で詐欺訴訟?

ここでは友永雅己教授の詐欺訴訟の噂や経歴プロフィール顔写真、ご家族についてまとめました。



友永雅己教授(京大霊長研)が詐欺訴訟?

友永雅己教授について検索調査していくうちに、衝撃的な記事を見つけてしまいました。

京都大学「霊長類研究所」を詐欺的と訴えた「新証拠」–内木場重人

京大霊長研の施設工事で詐欺訴訟について記載されていると思われるこの記事の内容ですが、この中で京大のM教授として紹介されているT教授(当時准教授)の特徴が、友永雅己教授と酷似していると感じました。

上記の記事の真偽については、当サイトでは100%の確証あるものでないため言及は控えさせていただきますが、詐欺訴訟とある内容ですので見てみぬふりはできません。

当サイトの関連記事である

京大霊長研(愛知犬山)が20億円研究費不正ロンダリング?疑惑の教授を週刊新潮が実名報道!

では名前が出ていて、デイリー新潮の報道でも実名報道されている友永雅己教授ですが、この京大霊長研の施設工事で詐欺訴訟の関連が気になるところです。

京大霊長研の友永雅己教授の詐欺訴訟の真偽真相については、今後の正しいメディア報道を待ちたいと思います。

友永雅己教授(京大霊長研)の経歴WIKIプロフ顔写真!

友永雅己(トモナガ マサキ)さんは京都大学で教授を務め、霊長類研究所という部署で大型類人猿の知性を研究するなどしている博士号を持つ人物です。

友永雅己 顔写真

1964年に大阪府に生まれ、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程単位修得退学したという友永雅己教授。

博士と日本モンキーセンター学術部長を兼任する京都大学霊長類研究所認知科学研究部門の教授で、2006年から2012年までの間、京都大学の霊長類研究所で准教授を務めていたという経歴を持ちます。

eメール
tomonaga.masaki.4mkyoto-u.ac.jp
URL
https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000070237139/

友永雅己教授(京大霊長研)の家族(嫁+子供)は?

友永雅己教授のご家族について調査いました。

友永雅己教授がご結婚されているのか、それとも未婚なのかについては、確証ある情報の特定には至りませんでした。

ですので当然ですが配偶者である奥様の名前はおろか子供の存在もこちらでは確認できていません。

友永雅己教授のご家族については調査中ですので、新たな情報が入り次第お伝えできればと思います。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

ytr*****
ノーベル賞でもとれれば安いもんだ。

verdad
不正と知りながらやったのなら悪意がある。

kou*****
え!これって不正になるの?
研究費の有効活用だと思う。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。