京大霊長研(愛知犬山)が20億円研究費不正ロンダリング?疑惑の教授を週刊新潮が実名報道!



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

京都大学の霊長類研究所(霊長研)に20億円もの研究費不正疑惑が浮上し大きな注目を集めています。

デイリー新潮によると、以下のように報じています。

「京大霊長類研究所」で研究費の不正が判明 返還額は最大20億円

同所の研究者が、11月から研究費の支給を打ち切られる事態となっていた。背景にあるのは、研究費不正だ。

名門研究所を揺るがしている今回の研究費不正疑惑の報道ですが、その真相はいったいどのようになっているのでしょうか。

ここでは京大霊長研で判明した20億円研究費不正ロンダリング疑惑についてまとめました。



京大霊長研(愛知犬山)が20億円研究費不正ロンダリング?

国内唯一の霊長類の研究所として知られる京都大学の霊長類研究所(霊長研)。

同所は霊長類に関する総合的研究を行う目的で京都大学に設置された附置研究所で、1967年6月1日に伊谷純一郎によって設立されました。

京都大学に附置された研究所ですが、所在地は〒484-8506愛知県犬山市官林41-2となっています。

そんな名門研究所に浮上した研究費不正ロンダリング疑惑ですが、もしこれが事実であれば、文科省から最大20億円もの研究費の返還を今後求められる可能性が高い、とデイリー新潮は報じています。

この真偽については現在のところ100%確証ある事実の確認はされていませんが、実際に同所の研究者が11月から研究費の支給を打ち切られているという事態に陥ってるとの報道からも、その信憑性は非常に高いと思われます。

京大霊長研の研究費不正疑惑の教授を週刊新潮が実名報道

大きな波紋を呼んでいる京大霊長研の研究費不正疑惑ですが、渦中の教授を週刊新潮が実名報道しています。

今回、不正が取り沙汰されているのは、チンパンジー「アイ」の観察で知られる松沢哲郎元教授(現在は京大高等研究院特別教授)と、大型類人猿の知性を研究してきた友永雅己教授だ。

「松沢さんと友永さんは、都内の動物実験施設の設計施工会社に、霊長研関連の施設工事を予算より安い金額で受注させ、浮いた分の金を返さずに別の研究に回すなどといったことを繰り返していた――そう見て、会計検査院は調査を進めているようです」(霊長研の関係者)

また報道によれば、研究費不正疑惑が浮上したきっかけは、今年の春に会計検査院の職員が3度にわたって京大霊長研を訪問したものによるとこと。

これらをまとめると、疑惑はこの両教授にかけられていて、事実であれば研究費の不正ロンダリングを行っていたことになり、公金の不正利用にあたるという経緯です。

週刊新潮の取材に対し湯本貴和所長が、「ふたりがやったことは遺憾です」と答えていることからも、今回の研究費不正疑惑は信憑性があります。

疑惑が取りざたされている松沢哲郎元教授と友永雅己教授については、別記事にまとめましたのでご覧ください。

関連記事:
松沢哲郎元教授(京都大学霊長類研究所)経歴プロフ!チンパンジーは進化の隣人?施設工事で詐欺訴訟?

友永雅己教授(京都大学霊長類研究所)が詐欺訴訟?経歴WIKIプロフ顔写真!家族(嫁+子供)は?

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

tei*****
パチンコや競馬に使い込んだわけではない。苦しい予算でやりくりする苦肉の策だったとしたら、一概に教授を責めるわけにはいかない。もちろん不正は不正なんだけど。

jaz*****
研究も発信力もピカイチの研究所だが。ここはボスが威張り散らかし平研究者を罵倒したり、講演などでも実に傲慢な態度でスタッフに当たるトンデモ研究所でもある。そして現在の京大総長もここのボスであり、学生弾圧の急先鋒でもある。過去からのやりたい放題の脱法不法を洗い出し総長の座から引き摺り落とすべき。京大のがんがこの研究所だわ。

瀬田乃安
まさに「学校で勉強するからバカになる」という理屈を証明する内容ですね(^-^;

20億円もあればこども食堂いくつ作れるのかな?

自分達の虚栄心の為に平気で嘘をつく。これがね教育の結果なんですよ!自分さえ良ければいい。

学校教育でそういう人ばかりになったんです!不正を働くのが学問の正体です。いい加減気づきませんか?

こんなのは氷山の一角に過ぎないのです。もう学校教育は止めましょう!

pns*****
猿を研究して何が面白いんだか、前から不思議。するのは勝手かも知れないけれど、学生がそういう研究室を選ぶのが解せない。他に入れなくて、あふれたら仕方なく入るのかな。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。