バグダディ容疑者(isis)死去→死因は自爆?生い立ちプロフィール顔画像(写真)と家族構成→嫁子供(息子+娘)



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

過激派組織「イスラム国」(IS)のアブバクル バグダディの死去ニュースが大きく報じられています。

米軍部隊が26日、シリア北西部で過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者を標的とする急襲作戦を遂行し、同容疑者が〇亡したとみられることがわかった。

速報で報じられているイスラム国(ISIS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者の死去報道。

ここではバグダディの死因や生い立ちプロフィール、顔画像(写真)、嫁子供などの家族構成についてまとめました。



バグダディの死因は自爆?

米国防総省高官と作戦などの情報に通じる消息筋が明らかにしたアブバクルバグダディ死去の速報ニュース。

この報道によるとその死因については以下のように報じられています。

国防総省高官は同容疑者は急襲を受け、自〇用ベストを起爆したとみられると述べた。

潜伏生活を続けていたとみられるバグダディ容疑者ですが、米軍部隊の急襲を受け自ら命を絶ったと見られています。

バグダディの生い立ちプロフィール

世界的に大きく報じられているバグダディ容疑者の死去報道ですが、彼はいったいどのような人物だったのでしょうか。

生年月日は1971年7月28日、イラクのサーマッラーに生まれたとされるアブバクルバグダディ氏。

預言者ムハンマドの出身部族であるクライシュ族の血を引くブーバドリー族の出身であるバグダディ氏ですが宗教はイスラム教スンナ派、サラフィー・ジハード主義組織ISILの指導者で自称カリフとしています。

イラク大学でイスラーム学の学士・修士および博士号を取得しているという学歴を持ち、2011年5月のビン・ラーディン没後は、その敵を討つべく報復を宣言していました。

バグダディの顔画像や写真

バグダディ

バグダディ容疑者

バグダディの家族構成は?嫁子供(息子+娘)

バグダディ氏はイラク人の妻2人とシリア人の妻1人と結婚しているとされています。

バグダディ氏の家族構成についてはさまざまな情報が行きかっていますが、妻で配偶者とされている女性の一人はサージャ・アル=ドゥレイミ。

2000年に結婚したとされるサージャ・アル=ドゥレイミですが、画像や詳細については公表されている情報は少なく不明な点が多いです。

またサージャ・アル=ドゥレイミとの間に生まれたというバグダディ氏の息子ですが、名前は不明で、ホムス県の火力発電所で交戦中に死したとされています。

バグダディ氏には娘もいたとされていますが、息子同様に名前や素性などの詳細は特定されていません。

2014年にレバノンで拘束された4〜6歳と見られる少女がバグダディ氏の娘とも言われていますが、DNA鑑定などの情報は現在までに確認できていません。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

sea*****
強襲部隊はたぶんnavy.sealsだと思いますが、指導者がいなくなっても次の指導者が出るのでISISの部隊を掃討しないと終わらない戦争だと思います。
中東のイスラム系国の問題はなかなか解決するのは難しいです。

***************
CIAの用が済んだから処分したのかな。
また新しい工作を始めそうね。

kaz*****
先ずは現地で任務にあたる兵士を労いたい。
最高指導者の死によって士気は下がるがISISが消えたわけではないので完全に消え去るまで手は抜けないので現場には一層の支援が必要だと思う。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。