【親書の内容】文在寅大統領の安倍晋三首相へ自筆の手紙を送る理由とは?



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

文在寅大統領の安倍晋三首相へ親書を送り大きな注目を集めています。

産経新聞などによると、以下のように報じています。

李氏は24日に安倍晋三首相と面会し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を手渡すことを明らかにした。会談後、額賀氏が記者団に語った。

天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列するために来日した韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相ですが、24日に安倍晋三首相と面会し文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を手渡すとの報道。

日韓関係が悪化している中での出来事だけに、その親書の内容や理由に大きな注目が集まっています。



文在寅大統領の安倍晋三首相へ送る親書の内容とは?

李洛淵首相が文在寅大統領から託されたという安倍晋三首相への親書の内容とはいったいどのようなものなのでしょうか。

24日に手渡されるという親書ですから現時点でその内容は公開されていませんが、日韓関係の現状を考えるとおおよその内容は推測できます。

昨年10月の韓国大法院の強制徴用賠償判決と日本の輸出規制措置、韓国政府の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定などで前例がないほど落ち込んでいると言われている韓日関係。

今回の親書はこの状況の回復に向けた内容であると思われます。

具体的な内容については24日の報道を待ちますが、文在寅大統領が安倍晋三首相へどのような形で関係回復を模索しようとしているのか、大きな見ものです。

文在寅大統領が安倍晋三首相へ親書を送った理由とは?

文在寅大統領が安倍晋三首相へ親書を送ったのには、日韓関係の回復に向け韓国側が動かざるをえなかった背景があったと推測できます。

文在寅大統領が安倍晋三首相へ親書を送った理由としてまず考えられるのが冷え込んだ日韓関係の修復ですが、これまで強硬姿勢を貫いていた文在寅大統領がこのような行動に出たのには他の理由が考えられます。

韓国の文在寅大統領の側近で、先日に法相辞任に追い込まれたチョ・グク氏の件もあり、支持率が急落しているという文在寅政権。

日韓関係を中心とした外交についても批判の声が韓国国内でも増えていて、支持率急落に拍車をかけているようです。

そのため文在寅大統領が安倍晋三首相へ親書を送ったのは、「韓国国内での支持率を回復させるためのパフォーマンス」という理由があると考えられています。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

ken*****
1万円寄付したら1000万円分の感謝を要求し
一つの妥協で、万もの成果を引き出そうとする
まともではない国には、今のスタンスである相応の対応を崩さないでほしい

kat*****
不思議に思うのですが、皇室への非礼をしておきながら即位の礼にはノコノコ出てくる。
反日を国を挙げてやってるなら今回は欠席の方が明日の支持率上がるんじゃ?
一度合意したからと言って解決したことにはならないのに、どうして協議するのでしょうか。
失くした信頼は日本ではそうそう早く回復しないですけど。

mac*****
困った時のすり寄りはもうこりごり。
頼むから日本に関わらないでもらいたい。

ariko
元徴用工の問題が解決しない限り、日韓問題の進展はないでしょう、
親書の中身が気になりますが、具体的な解決策を提案するとは思えない。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。