【園児に暴言】吉川保育園の70代主任女性保育士は誰で名前は?虐待疑惑も?埼玉加須市



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

埼玉県加須市の保育園で70代の女性保育士が園児に対し暴言を繰り返していたニュースが大きく取り上げられています。

Nippon News Network(NNN)によると、以下のように報じています。

埼玉県加須市の保育園で70代の女性保育士が園児に対し「ばか」「まぬけ」などと暴言をくり返していたことが分かった。

子供を預かる施設での虐待ニュースがたびたび報じられていますが、今度は埼玉加須市の吉川保育園の70代女性保育士が取り上げられています。

報道されているような悪質な暴言を園児に向けて発していたというこの70代女性保育士ですが、一体どのような人物なのでしょうか。



園児に暴言の吉川保育園の70代主任女性保育士は誰で名前は?

園児への暴言で注目されている吉川保育園の70代主任女性保育士ですが、一体誰で名前は何と言うのでしょうか。

この吉川保育園の70代主任女性保育士の素性や詳細について、現時点で明確な情報を公開しているメディアは確認できていません。

そしてこの70代主任保育士は報道によればすでに自主退職しているようです。

地元関係者から通報があり、市が調べたところ、保育士は「責任感から厳しい口調になってしまった」「虐待のつもりはなかった」などと話し、6月に自主退職したという。

吉川保育園からも「利用者の方への説明も済んでおり、改めてお話できることはありません」とのコメントが出され事態が収束に向かっていると見られることからも、今後この70代女性保育士の正体が公になることは無いと考えられます。

吉川保育園の70代主任女性保育士は暴言だけでなく虐待疑惑も?

暴言で注目されている吉川保育園の70代主任女性保育士ですが、今回の報道には体罰をにおわせるような一文もあります。

加須市によると「吉川保育園」で去年4月から今年3月までの間、70代の主任の女性保育士が園児十数名に対し「ばか」「まぬけ」「のろま」などと暴言を浴びせていたという。

さらに、園児を足で払いのけたり、じゃれ合っていた園児どうしの頭をぶつけたりしたという。園児にケガはなかった。

園児を足で払いのける、じゃれ合っていた園児どうしの頭をぶつける、こうしたことを行っていたという70代主任女性保育士ですが、「虐待のつもりはなかった」と弁明しているようです。

園児にケガが無かったとはいえ、このような行為は子供はもちろん預ける親御さんの側からも到底許せることでは無いと思います。

虐待に有無に関しては報道もこれ以上の言及がないため確認できませんが、利用者が納得いく形で事態が収束することを望みます。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

shi*****
子どもの運動量は半端ないし、規律正しい行動はできそうにない。老人は体力も落ちるし、感情の制御も年々難しくなってくる。この保育士の言動に問題があるのは確かだが、現実的に70代が他人の子どもを複数面倒を見るのには無理があると思う。

fre*****
ときどき保育士の対応の問題の記事があるけど、それは明らかに子どもに対しての大人の数の少なさが関係しているし、そういう状況にしてしまったのは高齢者優先の政策を支持してきた国民のせいだと思うんだけど、何で保育士を責めるコメントばかりなんだろう…。その方向で行くと保育士になりたい人が減って質は低下していくと思うんだが…。


この言葉使いは頂けないけど、なんでこんな人が保育士してるかと考えたら、やっぱり人手不足が原因だと思う。
他の業種でもそうだけど、もっと働く人の待遇を改善して、働きたいと思う人が増えるようにしないと、雇う側は益々選択の余地がなくなって、誰でもいいから来てくれる人を雇うしかなくなる。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。