なんつッ亭社長(古谷一郎)泥沼不倫裁判→不倫相手(愛人)は誰?経歴や名前顔画像

こんにちは!バズインフィニティ編集部の天野です。

人気ラーメンチェーン店「なんつッ亭」創業者、古谷一郎氏(51)の泥沼不倫裁判が話題になっています。

Smart FLASHによると、以下のように報じています。

6月20日、その古谷氏は「なんつッ亭」の店頭ではなく、東京地裁の法廷の証言台に立っていた。長年、古谷氏を支えてきた妻・A香さんが、ある女性を訴えている裁判に、出廷することとなったのだ。

「奥さんが訴えているのは、古谷さんの不倫相手・B奈さんです。古谷さんとB奈さんの間には子供も生まれており、古谷さんは認知もして、養育費も払っています。

 最近になって夫の不倫を知ったA香さんが、慰謝料を求めて、夫とB奈さんの2人を相手取って裁判を起こしたのですが、古谷さんとはすぐに和解。この日は、当事者尋問がおこなわれた後、古谷さんに対する証人尋問がおこなわれました」(裁判傍聴ライター)

古谷一郎氏が訴えられているのではなく、古谷氏の妻と愛人のドロドロ不倫裁判ということのようですね。

なんつッ亭社長(古谷一郎)の不倫相手(愛人)は誰?

Smart FLASHによると、なんつッ亭社長(古谷一郎)の不倫相手は30代のシングルマザーとのことです。

当サイトでもリサーチしましたが本人の顔画像や詳細な個人情報は見つかりませんでした。

被告となったB奈さん(37)は、現在はシングルマザーとして生計を立てている。

「もう9年前のことを、いまになって奧さんから訴えられて、私も困惑しているんです。ならば、私も言いたいです。そもそも私は、彼に妻子がいるとは聞かされていませんでした。

私が妊娠したとき、初めて彼からその事実を知らされたんです。そして、奥さんとは別れて、私と結婚してくれると言われて、それを信じてずっとつき合っていたんです」(B奈さん)

なんつッ亭社長(古谷一郎)の経歴や名前顔画像

生年月日:1968年2月17日
出身地:神奈川県秦野市
出身高校:神奈川県立伊志田高等学校

古谷一郎氏は27歳の時にラーメン店を志し、29歳で「なんつッ亭」一号店を開業したそう。

今ではものすごく人良いのあるラーメン店になったなんつッ亭の原点が20年以上前にあったわけですね。

著書名のうまいぜベイビーラーメン伝説からも、元暴〇族というニュアンスが伝わってきますね。

1968年、神奈川県秦野市に生まれている。両親は、定食屋を経営。姉がいる。 神奈川県立伊志田高等学校に入学。 後に、暴走族に加わり中退した。 22歳の時に、定時制高校に入り直した。 大学に進学するも、中退した。 24歳から27歳までは、彼女にお金を出してもらいヒモ生活を送った。
27歳の時、テレビのラーメン特集で行列のできたラーメン店を見たのがきっかけとなり、ラーメン店を志した。 熊本県のラーメン店で修行。そして、29歳の時に「なんつッ亭」一号店を開業。オープン当日に彼女と結婚した。

2018年4月に政治団体「秦野から未来を創る会」を発足させ、政治活動を始める。 2019年4月7日施行の神奈川県議会議員選挙に立憲民主党公認で地元の秦野市選挙区(定数2)から立候補するも、次点で落選。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。