中村和子(本名:加藤和子)が死去で死因は?なつぞら大沢麻子(マコさん)のモデル?虫プロ手塚治虫にワコさんと呼ばれるアニメーター



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

訃報です。女性アニメーターの先駆的人物である中村和子さんが死去されたと時事通信社が報じています。

 中村 和子さん(なかむら・かずこ、本名加藤和子=かとう・かずこ=アニメーター)8月3日死去、86歳。

女性アニメーターの草分けとして知られ、親交があった手塚治虫さんが設立した虫プロダクションで「鉄腕アトム」「W3(ワンダースリー)」「リボンの騎士」などを担当。アニメ映画「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」のアニメーションディレクターなども務めた。 

東映動画、虫プロダクションとテレビアニメ草創期を支えたという中村和子さんですが、突然の訃報に業界内外問わず大きな反響が出ています。

中村和子さんのアニメーターとしての技術は業界内でも広く知れ渡っており、多くの作品に作画監督や原画担当の形で参加していたといいます。

あの鉄腕アトムやW3(ワンダースリー)、リボンの騎士などを担当していたことでも有名ですが、2019年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第100作目のテレビドラマ「なつぞら」大沢麻子のモデルとなった人物とも言われています。

ここではそんな稀代のアニメーター中村和子さんについてまとめました。



中村和子が死去で死因は?

報道によると86歳で8月3日に死去されていたという中村和子さん。

年齢から考えれば病気などの可能性も考えられなくはないですが、その死因については現在のところ公表されていません。

WIKIや各社報道を見ても言及している情報が全く無いため、これについては公表していないと思われます。

中村和子はなつぞら大沢麻子(マコさん)のモデル?

広瀬すずがヒロイン役を務め、現在放送中の2019年度NHK「連続テレビ小説」第100作目のテレビドラマ、なつぞら。

この中に出てくる登場人物「大沢麻子」「マコさん」のモデルとも言われているのが中村和子さんです。

ドラマの中では貫地谷しほりさん演じる大沢麻子、通称「マコ」が立ち上げたマコプロダクションというアニメーション製作会社も出てきます。

サバサバした性格の大沢麻子はアニメーションに対する思いが人一倍強い敏腕アニメーター。

中村和子さんがどういった人物だったかは定かではありませんが、このドラマに出てくる大沢麻子のような一面があったのかもしれません。

中村和子は虫プロ手塚治虫にワコさんと呼ばれるアニメーター

なつぞらでは大沢麻子は通称をマコと呼ばれていましたが、実際にそのモデルである中村和子さんは「ワコさん」と呼ばれていたようです。

この「ワコさん」という呼び名はあの手塚治虫さんがよく用いたという愛称で、アニメ関係者のインタビューや回想でも頻繁に登場する呼称のようです。

手塚治虫さんの作品である『三つ目がとおる』のヒロイン和登千代子「ワトさん」のモデルである、とする説もあるようですが、その真偽については明らかにはなっていません。

このように様々な場面で登場する中村和子さんですが、その略歴を見ればあの手塚治虫さんにも一目を置かれる稀代のアニメーターだったことがわかります。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを紹介します。

blue***
昭和のアニメは子供達の憧れでした。

ご冥福をお祈り致します、合掌。

GG G
昭和のえんぴつ手書き、セルの感じは
今のデジタルにはない味があるよね
温かみと懐かしさ
あの時代を知るクリエイターがどんどん少なくなってくるな

吉岡幸浩
日本アニメ界の黎明期に活躍された凄い方。多くの人に夢をみせてくれた功績は大きい。合掌。

中村和子さんのご冥福をお祈りいたします。



最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイト・バズインフィニティでは、気になる話題を事実に基づき発信しています。
ブックマークやシェアボタンをクリックしていただけますと運営の励みになります。