金野昭次さん死去【死因は病気で下咽頭がん】経歴(出身,身長)や成績は?日の丸飛行隊スキージャンプ選手→現在は営業マン?



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

訃報です。スキージャンプ日の丸飛行隊で知られる金野昭次さんが下咽頭がんのため札幌市内の病院で亡くなったとのことです。

北海道新聞によると、以下のように報じています。

「日の丸飛行隊」金野さん死去 札幌五輪で銀 75歳

70メートル級でメダル独占
 1972年札幌冬季五輪のスキー70メートル級ジャンプでメダルを独占した「日の丸飛行隊」の一員で、自身は銀メダルを獲得した金野昭次(こんの・あきつぐ)さんが5日、下咽頭がんのため札幌市内の病院で亡くなった。75歳。札幌市出身。葬儀は近親者で行った。

昨年にがんが見つかり闘病生活を送っていたと報道されている金野さんですが、死因は下咽頭がんだっということです。

小学生の時にジャンプを始めたという金野さんですが、1972年札幌冬季五輪では銀メダルを獲得するなど、日本スキージャンプ界を代表する名ジャンパーでした。

ここではそんな偉大なスキージャンプ選手・金野昭次さんについてまとめました。



金野昭次さんの経歴(出身,身長)や成績は?

金野昭次さんの経歴についてまとめました。

名前:金野昭次(こんの あきつぐ)
年齢:75歳
生年月日:1944年9月1日
出身地:北海道札幌市
身長:不明(小柄ながらサッツ(踏切)のキレが非常に良く、「カミソリサッツ」と呼ばれていた。)
体重:不明
出身校:北海高校→日本大学

金野昭次さんの主な成績(戦績)です。

1968年グルノーブルオリンピックで五輪初出場
70m級で24位
90m級で20位

1972年の札幌オリンピックで2度目の五輪出場
70m級で銀メダルを獲得
90m級では12位

体格は小柄だったとい報じられている金野昭次さんですが身長は公表されていません。

サッツ(踏切)のキレが非常に良いために「カミソリサッツ」と呼ばれていたそうです。

金野昭次さん日の丸飛行隊スキージャンプ選手→現在は営業マン?

1972年の札幌オリンピックで2度目の五輪出場を果たし銀メダルを獲得した金野昭次さん。

同オリンピックで金メダルを笠谷幸生、銅メダルを青地清二が獲得し、日本勢が表彰台を独占したことから、三人合わせて「日の丸飛行隊」と呼ばれるようになっということです。

もともと北海道拓殖銀行に入行していた過去がある金野昭次さんですが、現役引退後はスキーから離れて銀行の営業マンとなったそうです。

1998年長野オリンピックの聖火リレーで東日本ルートの最初のランナーを務めるなど、引退後も公の場でさまざまな活躍された金野さん。

2000年からは同連盟のジャンプ競技役員を務めるなど、スキージャンプ界に大きな影響を与えた方だったようです。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。

sea*****
札幌五輪は、スキージャンプの日の丸飛行隊の活躍でもって、日本中を熱狂の渦に巻き込み、大いに盛り上がったと言っても過言でないと思います。子供心に夢中になってテレビをみていました。表彰台を独占したお三方の勇姿は、今でも目に焼き付いて離れません。輝かしい日本のスキージャンプの歴史の1ページです。
がんで闘病生活を送っていたとは存じ上げませんでした。75歳と言えば、今ではまだまだ若いと思われる方が多いかとも思いますが、長い間大変お疲れ様でした。ゆっくりとお休みください。合掌。

tak*****
おそらく自分の中で最初にスポーツのテレビ中継を見た記憶が札幌五輪の日の丸飛行隊。
子供心にとても嬉しかったらしく、まだ幼稚園に入園する前だったのに、日記を書いて、その時の飛距離や得点まで記載していたのが今でも実家の押し入れに残っている。
五輪大好き人間となり、愛国心が芽生えたのもこの70m級純ジャンプがきっかけだったと言っても良い。

心から、ご冥福をお祈り申し上げます。

y01*****
あの頃はオリンピックで日本人選手が表彰台独占だなんて夢のような出来事で日本中が大騒ぎだったと子供ながら記憶してます。
高度経済成長期の日本に大きな勇気を与えてくれました。ご冥福をお祈り申し上げます。

ご冥福を心よりお祈りいたします。