松本隆博(松ちゃん兄)涙活の松本興業を設立→公式ホームページは?所属タレントの泣語家,涙の紙芝居師は誰?



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

ダウンタウン松本人志の兄で知られる松本隆博氏が、涙活に特化した団体「松本興業」を設立すると話題になっています。

スポニチアネックスなどによると、以下のように報じています。

松ちゃん兄「松本興業」立ち上げ 弟より先に涙活「N-1ぐらんぷり」年内開催予定

「ダウンタウン」松本人志(55)の兄でシンガー・ソングライターの松本隆博(58)が1日、涙活に特化した団体「松本興業」を立ち上げる。弟が所属する吉本興業は「笑いの総合商社」と呼ばれるのに対し、こちらは「涙の総合商社」を標榜(ひょうぼう)。

闇営業問題に際して弟のダウンタウン松本人志が構想した、ルールを破った後輩芸人を救済するための「松本興業」ですが、その名前を兄の松本隆博が先んじた形と報じられ注目されています。

ここでは松本隆博が設立した涙活に特化した団体「松本興業」について、公式ホームページや所属タレントについてまとめました。



松本隆博が設立した松本興業の公式ホームページは?

松本隆博が設立した松本興業の公式ホームページについてはスポニチアネックスにより以下のように報じられています。

家族の絆や感謝の大切さを歌う隆博は、約1年前に寺井氏と涙活イベントで共演。交流を重ねていく中「しっかり組織を整え、泣きのエンターテインメントを極めよう」との考えで一致。約1カ月ほど前から設立に向けて動きだし、8月31日に公式ホームページをオープンした。

8月31日に開設されたばかりという松本興業のホームページは検索結果から該当するサイトが特定できませんでしたが、近日中にこちらの松本隆博オフィシャルサイトで公開されると思われます。

松本隆博オフィシャルサイト

このオフィシャルサイトでは、社会貢献的エンターティナーとして活動している松本隆博の動画やPVが公開されています。

「5段変速の自転車」や「すきやき」は、松本隆博自身が父親や母親とのエピソードを書き下ろした感動曲、涙活にうってつけの曲となっているようです。

松本隆博が設立した松本興業の所属タレントは誰?

松本隆博が設立した松本興業の所属タレントについては以下のように報じられています。

同団体には「泣語(なくご)家」「涙の紙芝居師」などタレント8人が所属。泣ける名曲「会いたい」を歌う沢田知可子(56)が顧問を務める。隆博は「笑いより泣きの方が向いていると感じている芸人さんにはぜひうちに来てほしい。涙は最高のエンターテインメント」とアピール。年内には「M―1グランプリ」ならぬ「N(泣き)―1ぐらんぷり」の開催も予定している。

ここで、「泣語(なくご)家」「涙の紙芝居師」について調べてみました。

泣語家とは「泣き」をテーマに泣かせる話を聞かせるための噺家(はなしか)で、寺井広樹が涙活イベントの一環としてプロデュースした、「泣ける落語」から派生したもののようです。

松本興業の共同代表である涙活プロデューサー寺井広樹氏によって考案、提唱された言葉「涙活」は、意識的に泣くことでストレス解消を図る活動であり、泣語家とはその一端を担うアーティストですね。

話で泣きを表現する泣語家に対し、涙の紙芝居師は文字通り紙芝居で表現する方たちですね。

松本興業に所属する泣語家、涙の紙芝居師、涙ソムリエはこちらです。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。

shi*****
まっちゃんの代わりに松本興行を作るという話ではなくて、自分がやりたいことをやりたいと思ってその名前が松本興行と言うだけでしょう。

pas*****
松本人志が「松本興行」を立ち上げた、イメージはよく合うネ。兄が設立したとしても。
浜ちゃんとのコンビは確か?漫才だったのかな、なんだったのかよく思い出せないけど、二人だけの芸で笑ったのは浦島太郎物語の遠くにあったような気がします。何とか興行のイメージでしか松本人志はなくなったのでしょうか、残念ですネ!!

mom*****
泣く事って、恥ずかしい、泣いたら負け、みっともないと思われる人もいるかもしれないけど、精神的に安定するっていうかスッキリする時もあるし、泣きたくても泣けない時もあるから、泣き活って素晴らしいと思うんだけど。
ストレス発散の1つの方法として!