出口保夫さん死去【死因は誤嚥性肺炎】経歴(学歴)やfacebook顔写真(画像)は?葬儀の喪主は息子出口雄大さん

画像参照:House of Pottery



こんにちは。バズインフィニティ編集部の天野です。

訃報です。英文学者の出口保夫さんが死去されたと報じられています。

朝日新聞デジタルによると、以下のように伝えています。

英文学者の出口保夫さん死去 イギリス・ロマン派を研究

出口保夫さん(でぐち・やすお=早稲田大学名誉教授・英文学)が2日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去、89歳。葬儀は近親者で行った。喪主は長男雄大さん。

 イギリス・ロマン派の研究が専門。「キーツ全詩集」で日本翻訳文化賞。紅茶など英国の生活文化を紹介した著作も多い。

ジョン・キーツをはじめとしてイギリス・ロマン派についての研究業績が広く認められ、キーツ全詩集などの訳業でも活躍された出口保夫さんの訃報です。

ここでは英文学者として活躍された出口保夫さんについて調べた結果をまとめました。



出口保夫さんの経歴(学歴)と英国紅茶の話や本とは?

現在までにわかっている出口保夫さんの経歴(学歴)についてまとめました。

名前:出口保夫(でぐち やすお)
年齢:89歳
生年月日:1929年8月26日
死去:2019年8月2日(死因:誤嚥性肺炎)
出身地:三重県松阪市
出身校と学歴:早稲田大学教育学部英語英文科(1953年卒業)、1955年早稲田大学大学院修了
職業:英文学者、英国文化研究家、早稲田大学名誉教授
勤務先:早稲田大学(退職まで)

日本人として誇らしい経歴の出口保夫さんですが、早大教育学部の講師、助教授、教授などを歴任し後輩の育成にも注力されており、英文学者で作家の遠藤徹が門下生の一人とのことです。

イギリス文化に関する啓蒙書の翻訳や執筆に取り組んだという出口保夫さんは、紅茶などの生活文化に関するエッセイ等も多数刊行したという実績をお持ちです。

その著書には、ロンドンの夏目漱石、現代イギリスの小説家たち、四季の英国紅茶、英国紅茶の話、などの名著が多数あります。

出口保夫さんのfacebook顔写真(画像)

出口保夫さんのfacebookについて名前検索しましたが、本人のものと見られるアカウントは発見に至りませんでした。

出口保夫さんの顔写真(画像)についてはHouse of Potteryさんの画像を参照させていただきました。
出口保夫

死因は誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と報じられており、葬儀は近親者のみ、喪主は息子出口雄大さんがされたとのことです。

SNSやネットの反応

今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか?

SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。

もふだもふお
若い頃、英国生活と紅茶の著書を拝読しました。その頃はバイブルでした。ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

cha*****
出口先生が書かれたイギリスの生活を紹介した素敵な本を愛読していました。息子さんが挿絵を担当なさっていたと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

miy*****
イギリスや紅茶の事を書いたエッセイが大好きで、集めていました。
息子さんのイラストも素敵です。
今でも大切な愛読書です。
ご冥福お祈りします。

出口保夫さんのご冥福をお祈りいたします。